あゆるについて

基本方針

 健康で正常な妊娠・出産・育児のために、必要な情報の提供とケアーの実践に努める。また女性自らの意思決定を尊重し、全てのスタッフがお母さんと赤ちゃんの応援団となる。


院長挨拶

病院勤めをしていたころ、医療の介入無しでお産はできない、そう思って仕事をしていました。そんな私が今は助産院で「自然なお産、女の人と赤ちゃんの本来持っている力を大切にしたお産」をお手伝いさせていただいています。この場所にたどりつかせてくれたのは、今まで出会ってきたたくさんのお母さんと赤ちゃんでした。「人の体を信じる」、それが今も私の原点です。そしてあゆるは、妊婦さんばかりでなく、ちょっと疲れたり不安を抱えたりしてここを訪れる方々も、帰り際には笑顔になってまたそれぞれの生活に戻っていかれるようなそんな場所でありたいと願っています。みなさんのそばで「助産師がここにいるよ」といつも笑顔で手を振っていたいと思っています。

略歴  アドバンス助産師
1985年 道立旭川高等看護学院助産婦科卒業
帯広厚生病院・旭川厚生病院・帯広慶愛病院勤務を経て、結婚。家庭に入る。3人の子供の子育てをしながら1995年せせらぎ通りクリニックに復職。翌年より師長。
2000年  クリニック勤務を続けながら出張開業助産師となる。
2005年  独立し有床の「助産院あゆる」を開設する。

施設紹介

SPサイト